ありがたい!温室効果ガスを生み出さないバイオガス発電がすごい!【Environment Improvement】
HOME>注目記事>ありがたい!温室効果ガスを生み出さないバイオガス発電がすごい!

安定した供給が可能

主要なエネルギーに代わってバイオガス発電の導入が進んでいる背景には、温室効果ガスを生み出さないというメリットに注目が集まっていることがあります。企業でもこれを導入すれば、環境への負荷を抑え省エネや温暖化対策に積極的に取り組んでいることを広くアピールできます。発電に必要なエネルギーを確保しやすいことも、多くの企業から注目されているメリットです。石油や石炭などのエネルギーは、価格の高騰もあり安定した供給が難しくなっています。その点、バイオガス発電でエネルギーとして使う有機性廃棄物は、生活から必ず出るため確保に困ることがありません。価格的にも安く、安定した発電を実現できます。有機性廃棄物にはいくつもの種類があります。穀物のゴミや家畜の糞、さらには下水道の汚泥なども含まれます。いずれも立派にエネルギーとなってくれるので、用途に応じて選べるという柔軟性も他の再生可能エネルギーにはない魅力と言えるでしょう。

ゴミからエネルギーに

石油や石炭といった従来のエネルギーに代わって注目されているのが、新エネルギーと呼ばれるものです。バイオガス発電はその一つで、再生可能エネルギーであることから設備も年々増えています。他のエネルギーとの違いは、廃棄物から生じたガスを用いて電力を起こしている点にあります。有機性の廃棄物は、発酵させると分解が進みガスを生じさせます。これをエンジン発電機に投入して、電気を取り出すという仕組みです。数ある再生可能エネルギーの中でも、バイオガス発電は効率が良いという特徴を持っています。そのため本格的なシステムが整備されていない施設や、規模が小さい施設でもエネルギーを多く取り出すことができます。発酵させて分解したときに、ガスに加えて消化液が生じるのも特徴です。他の再生可能エネルギーの場合、こうした副産物は再利用が難しく処分するしかありません。しかしバイオガス発電で生じた消化液は、有機肥料として使うことができ資源の有効活用に繋がります。